製品特長

ほぼ全ての臭いに対応する脱臭機。

活性炭だけの脱臭装置や、一般的に販売されている空気清浄機と比較して、はるかに優れた「なるほど」と実感できる脱臭性能を誇っています。化学反応を利用して気になる臭いを吸着して脱臭する、独自開発のフィルターを交換することで、様々な臭いの脱臭が可能です。
故障やトラブルが起きにくいシンプルな構造・操作も簡単なので、気軽にご活用いただけます。強い素材を用いたタフな本体設計です。

活性炭では取り除きにくい高濃度のアルデヒド類をフィルターに化学反応させ、低濃度まで吸着。

特殊な処理を行ったハニカム構造のフィルターを触媒としており、臭いの分子を化学反応させて吸着させることによって、気になる臭いを強力に脱臭していきます。

また、化学結合のため、臭いの分子が、フィルターから離れにくく、高い脱臭性能を誇っています。

今まで、なかなか吸着しきれなかった小さな分子も補捉し、大きな分子は科学的に分解し吸着していきます。

シューマンで採用しております脱臭フィルターは、「なるほど」と実感ができる脱臭力を誇っています。

活性炭だけの脱臭装置や一般的に販売されている空気清浄機と比較して、はるかに優れた脱臭性能を誇っています。

アセトアルデヒドの吸着性能比較 アセトアルデヒドの吸着等温線

ほとんどの悪臭・有害なガスに対応。

臭いの原因物質としっかり吸着する化学吸着フィルター[Cleフィルター]は様々な種類があり、臭いの種類・目的に応じて、フィルターを組み合わせることで、多くの悪臭や有害なガスに対応できます。

工業用・脱臭装置なら3枚、中型脱臭装置なら3枚、フィルターを組み込むことができますので、組み合わせ次第で気になる臭いを脱臭します。

新素材ハニカム構造の「Cleフィルター」でアルデヒド類※もしっかりキャッチ。

「Cleフィルター」には多彩な種類があり、臭いの種類や目的に応じてお選びいただけます。

※「特定悪臭物質」に指定されているアセトアルデヒドなど。

アセトアルデヒドは、合成染料・プラスチック・合成ゴムなどの中間原料として用いられています。

対応できる悪臭・有害なガスの例

ハニカム形状で、優れた吸着性能。

圧損が少なくコストの低減が図れ、脱臭能力の落ちにくい10×10×10cmハニカム形状のフィルターを採用することで、空気中の気になる臭いをより多く吸着し放しません。他の脱臭機とは違う、高い脱臭性能を発揮します。

新素材のハニカム形状で、優れた吸着特性を発揮します。

ハニカム形状の特長 圧損が少ない フィルターの構造イメージ

再生処理可能なので、繰り返し使用可能。

化学反応で気になる臭いを脱臭するフィルターは、使い捨てではなく、定期的に特殊な再生装置を用いて処理することで、繰り返し使うことが可能になり、活性炭に比べ、ランニングコストを低く、経済的に使うことができます。

※小型脱臭機のフィルターは使い捨てタイプとなります。

フィルターの原料は、粘土質の一種である通称「含水珪酸マグネシウム」です。
多孔質鉱物で比表面積が大きく、脱臭剤の素材として適しています。

フィルターの主要構成材料 化学吸着と活性炭(物理吸着)の比較

製品ラインナップは、こちらから

本体機器 フィルター